ゲームセンター バイト 体験談

ゲームセンターのバイトの体験談7|

僕は駅ビルに入っていたアミューズメントコーナーでバイトしていました。

 

お母さんが買い物する間に暇を潰すために、子供や学校帰りの子供達。
あとこれは意外なんですが、高齢の方がメインの客層でした。。

 

施設はクレーンゲームが全体の2割、大型筐体・格闘ゲームが3割、
メダルゲーム・パチンコ・パチスロが3割、プリクラが1割、残りは小さな子供用の物です。

 

仕事は基本的に店内の掃除と点検、メダルの補充
景品調整、売り上げの回収でした。

 

清掃は一時間毎にトイレやゲーム機の掃除。
灰皿の交換などがありました。(←これが一番嫌いだった)

 

点検はゲーム機の何らかのエラーが発生していないかをチェックしたり
乱暴にゲーム機を扱っていないかを確認して注意を促したり、
夜になって規制された年齢の客にお声掛けして、帰って頂いたりしていました。

 

あとプリクラやデジタルカードダスが用紙やカードが切れたりすると補充。
小さな店だったのでメダルの預りはアナログで。
記録帳と電卓、メダル計測器で人が数えていました。

 

クレーンゲームは各自担当制になっていて、予算とカタログを見て考えて
取れそうで取れない絶妙ラインを仕入れて並べます。

 

うちは交換制みたいな汚いことは一切やらず健全なお店でした。
この仕事をやっていると、他のお店に行ってクレーン景品配置をチェックする癖がつきました(笑)

 

何のメリットがあるのかはわかりませんが、女の子に取ってほしいと言われて
できるだけ、甘い配置の物を選択することができるというところでしょうか。

 

売上回収は閉店後に全てのゲーム機から100円玉・500円玉を回収します。
カウントは店の奥にある事務所でチェックしてるので、くすねたりできません(笑)

 

こういう作業も大手のゲーセンでは、自動回収とかもできるようですが
うちのような小さい店の場合は、全部人が回収うしないといけません。

 

もしかしたら、他店も人力かもしれませんんが、
うちはその中でも、かなり面倒な作業が必要なお店だったと思います。